多様な考えや思考を企業の前進力に変える 学びあいの仕組みを構築したいと願う人へ

この記事をシェアする
B!

パターン別、勉強会導入のアイデアとノウハウ

主催者側としてのイメージを周知していく

勉強会を通じて、社員に成長してほしいというのが、経営者側の本音ではないでしょうか。
そして、社員の人に力をつけて欲しいと願う気持ちが社内勉強会の開催に向かっていると想像されます。
また、力をつけることで、劇的に変化している社会に対応していくことができるという思惑もあるのでしゃないでしょうか。
そして、その理念は勉強会に参加してくださる社員さんたちに、誤解されることなく伝えることが大切だとも思えます。
業界の特性にもよりますが、勉強会に参加者に届く言葉で、何度も何度も、表現方法も多様に周知を行って欲しいと願います。
一人一人の幸福と学習意欲でより快適な世の中になることを信じたいと思うのは、理想的すぎでしょうか。

勉強会、参加者目線でのイメージは?

社内勉強会を開催して実際に活動していくとなると、開催される時間帯はどうするのかしら。
勤務時間中に実施し、勉強会を仕事とみなすのか、それともプライベートとして参加してもらうのか。
学ぶこととして、単純に捉えると、資格を取得すれば手当をいただけるということもあるが、勉強時間までの手当は稀なんじゃないかな。
手当が欲しくて勉強に精を出す人もいるのだろうけど、勉強する時間を残業などにしてしまうと、いささか疑問でもある。本当に学びたい気持ちがあるのかどうかも疑いたくなる。と、言って、従業員である社員が参加者となると、やはり、テーマや時間帯と、関心ごとなど、プライベートでも活かすことができると良いのではなかろうか。