社内勉強会を導入する際に役立つアイデアとノウハウ

多様な考えや思考を企業の前進力に変える 学びあいの仕組みを構築したいと願う人へ

パターン別、勉強会導入のアイデアとノウハウ

社内で勉強会を導入に関して、これだけは押さえておきたいことを主催者、発案者などともに理解しあえておきたい。 そして、互いに学ぶことを楽しく快適に継続できる仕組みや やり方を主催者や運営者と共有しておきたいと願います。 継続していくと、「何のために、この作業をしているのだろか」と思考が停止しないように。

おすすめリンク

高校留学後の就職先は? 高校留学の目的は様々ですが、将来を視野に入れているなら、どんな就職先があるかも知っておこう!

勉強とは?それを社内で行うことが、果たして良いのか?

物事には、その思考が育った環境がある。環境によって思考が違っては来るのだろうけど、先天的な能力によってもの見え方もあるという。
そこで、興味のある事柄を調べたりする際の学習スタイルによって勉強方法のアイデアを公募するという方法もあるでしょう。
そして、公募したアイデアを蓄積していくことで、一つのノウハウを作り上げていくことも可能ではないでしょうか。
それは、並大抵のことではないのかもしれません。業務の合間にできる人が存在するかもしれないですが、会議の進行役としてのファシリテーターを専門職として活動している人も存在しているのですから。
主観的ではなく客観的に進めていくことは、「社内」という組織の中でのこと。心情が入らないとは限らないですね。
でも、営利目的での企業で勤務している人なら、多少の主観が入って、えこひいきが 生じてしまっても許していただきたいものです。

また、物事を進めるということにおいて、後ろ向きな考えの人に気をとられ、進まない状況が埋めれないようにもしたいと思えます。課題を提示したり、問題提起の意見であっても表現方法が、いささか乱暴だと、困りモノです。

だから、パターン予め予想し、学びのパターン別の勉強会を開催するというのも一案ではないでしょうか。
また、どんなパターンがあるのかを公募して決めるというのも参加者意識が高まるのではないでしょうか。

幸い、インターネットの普及で情報を共有する環境は整っているし、公募し進めるというのは、多様性を認める事にもなるかと想像されます。



参加者の視点として

勉強会の開催や実施の必要性を主催者や運営者だけではなく参加する人にとっても有益であるということをどうやって認識していくかということも大切だと思えます。 傍観者のようになると発言や態度に出てしまうものですからね。 多様な立場の人の視点を取り入れ今後の業務に役立てる仕組みを作ることも大切ですね。

運営者、主催者の視点とその先にあるイメージ

社内勉強会を導入するにあたり、運営者や主催者の脳裏にあるイメージをどうやって公表するか。 ただ、単に活字で呼びかけるだけでは、寂しいですね。 例えば、4コマ漫画にしてみたり、即興の劇を動画配信してみたりなど、周知の方法はアイデアを公募しても面白いですね。